温泉やどうおき

お部屋ごあんない

ご挨拶

うおきカウンター

この度は、湯河原「温泉やどうおき」のホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。 「うおき」は、古く万葉集にも記載されている湯河原町千歳川の畔にあります。JR湯河原駅より徒歩7分、静かなおちついた温泉やどです。溢れる温泉と相模湾の活きのいい魚、新鮮な採れたて地場の野菜を中心とした美味しいお料理です。あたたかい家庭的なおもてなしの心と共に、皆様のお出でを心よりお待ちしておリます。



うおき温泉

竹林に囲まれた静かな宿

東海道本線湯河原駅より徒歩7分で到着する近さです。千歳川のせせらぎの心地よい静かな温泉宿です。効能に優れた天然大浴場、室内露天風呂、屋上露天風呂などお楽しみください。うおきのお料理は魚市場で鮮魚を仕入れた宿主のアイデアがいろいろ詰まった「うおき流会席」です。ご宿泊料金の詳細は「プラン一覧・ご予約」メニューにてご覧ください。

朝一の魚市場で競りに

温泉やどうおきの主人自ら朝一番、小田原公設市場で競り落とした新鮮な高級地魚を、その日に調理!だから自慢の磯懐石料理には種類豊富な地魚が満載なのです。温泉やどうおきは『お魚料理』にこだわり続けて創業53年、美味しいとリピーターのお客様に評判の湯河原温泉やどです。温泉やどうおきの主人が今日も活き活きのお魚を市場に迎えにいきます。

うおき温泉


湯河原温泉について

日本で唯一、万葉集に詠われた湯河原温泉は、古くから名湯と伝えられ、湯治に利用され明治以降、文豪に愛された湯として、湯河原独歩の湯由来となった国木田独歩は、湯河原を題材に多数の小説を残し、夏目漱石の絶筆の湯となったのも、ここ湯河原です。「傷の湯」として知られ、体の芯までよく温まり、湯冷めをしにくい特徴があり、弱食塩泉で、刺激が少なく、ご婦人にも優しく湯あたりのよい温泉です。